Piercing in Berlin

この歳(30)になるまでピアスを開けたことのなかった私。
だけど日に日に
「ドイツにいるうちに・・帰国(二週間後)の前にピアス開けたいなぁ」と思うように。

友人たちに「ピアスどこで開けられるかな?」と訊いても「んーTattooショップ?」
しかしベルリンはピアス&Tattoo大国。
いたるところにTattooショップがありどこがいいのか悪いのかも不明。

そんなとき、友人と街を歩いてたらピアス専門店を発見。
「これはチャンス!」と店員さんに「どこがいいかな?」と訊いてみたら
教えてくれたのがこのお店。
"naked steel" http://www.naked-steel.de

お店に行ってみると、小さい店内に男性2人が接客をしていて
お客さんも絶え間なく出入りしている雰囲気。
「ピアスあけたいんだけど」と訊くと
(ちなみにドイツ語では"Ich möchte mir Piercing stechen lassen")
「オケー!ちょっと座って待ってて!」といって
誓約書とアンケートの紙を渡される。
「ハロー、よろしく」といってにこやかに握手してくれたピアス&タトゥーだらけの店員さんが
いろいろ説明してくれる。専門用語だらけなので途中で英語に切り替えてもらった。

絶対にピアスを手で触らないこと、一日二回消毒することなど一通り説明してくれたあと、
「よし、じゃあやろうか?緊張してる?
大丈夫、誰でもそうなる。俺でも。でもあっという間に終わるよ、約束する」
とニコニコしながら椅子に座らせてくれて。。
その通り、あっという間に終わったのでした!
開けたのは片方だけ。
これはつまり「またドイツに戻ってきて、もう片方あけなきゃいけない」って意味を込めて。

店員さんのフレンドリーさと店の清潔感にはびっくりした。。
彼はたくさん話してくれたのだけど、
「ベルリンが好きかい?俺もさ。俺は南部のちっさい街から来たんだけど、
そこじゃタトゥーとかピアスしてるとみんなびっくりして見るんだ。
でもベルリンじゃ普通だもんな」と話してくれたのが印象的だった。

私が開けたのは至ってノーマルな耳のピアスだけど、
他にもいろんなピアシングを扱っているようです。
おもしろい経験でした。
[PR]
# by jazzmoca_2 | 2014-02-06 19:39 | Diary

"Warum ich Tokyo hasse"

語学学校で話をしていて、講師に
「イズミ東京嫌いなの?なんで?なんで嫌いか書いてきて!」と言われて書いた
「Warum ich Tokyo hasse(Why I don't like Tokyo)」が自分でも気に入ってるので
ここにアップします。

******************************************

Viele Leute haben mir gesagt, "kommst du aus Tokyo? Oh, ich möchte einmal nach Tokyo fliegen! Tokyo ist eine schöne Stadt, oder?"
Das stimmt, wenn man nur 1 Woche als Tourist Tokyo besucht. Aber wenn man in Tokyo arbeitet oder wohnt, bemerkt man, dass Tokyo eine seltsame und komische Stadt ist.

In Japan, also auch in Tokyo gibt es viele Regeln, was man machen 'soll'.
"Man soll an der Uni studieren"
"Nach der Uni soll man in einer guten Firma viel arbeiten"
"Man soll bis 30 Jahre alt verheiratet sein"
"Man soll nicht zu seinem Chef 'NEIN' sagen"
"Man soll der Mode folgen"
"Man soll bis Weihnachten seinen Freund / seine Freundin finden" (Es gibt Magazine, mit dem Title "Wie kannst du bis Weihnachten deinen neuen Freund finden?")
"Man soll keine Fehler machen" 
"In der Schule sollen Kinder keine ihre Meinung sagen"…und so weiter. 

Manche Kinder können nicht zur Schule gehen, weil es viele Regeln gibt, die Kinder in der Schule machen sollen.  Sie sind zu stressig für sie.
Zwar befolgen einige Leute diese Regeln nicht, aber andere Leute - sogar ihre Eltern- denken, dass ihr Leben nicht gut ist. 

Ich bin in Tokyo immer mit der vollen Bahn gefahren, dann habe von 9 bis Mittelnacht ohne Überstundengeld und ohne Urlaub gearbeitet. Natürlich konnte ich nicht zu meinem Chef "Nein" sagen, selbst wenn ich im Recht bin. Eine Freundin von mir war Krank, weil sie zu beschäftigt war. Ich habe auch der Mode gefolgt, wie die anderen Japanerinnen.
Meine Kollege haben mir gesagt, dass es normal ist, aber ich fand es nicht. Für mich war alles immer etwas komisch.

Nach dem 11.Marz 2011, als es ein großes Erdbeben gab, habe ich bemerkt, dass mein Leben in Tokyo nichts für mich ist. Und ich wollte versuchen, ob ich im Ausland leben kann. Deswegen bin ich im Moment in Deutschland, und alles ist perfekt! Obwohl Deutsch schwer ist, bin ich immer glücklich. In Deutschland lerne ich viel und entwickle ich viele meine eigene Meinungen.

Wegen des Visums muss ich im Februar nach Tokyo zurück, aber ich kann vielleicht leben, wie ich will, nicht so wie früher.
Aber eigentlich will ich in Deutschland bleiben.

Zum Schluss muss ich sagen :  natürlich gibt es in Tokyo viele interessante Dinge. Gutes Essen, nette Leute, schöne Tempel, Natur. Wenn du nach Tokyo fliegen möchtest, musst du es probieren!
[PR]
# by jazzmoca_2 | 2014-01-26 05:39 | Language, Culture

wild winter

e0333865_2203630.jpg

ベルリンは今週マイナスから上がりません。
本日−6℃!雪も降り、とうとう本格的な冬という感じ。
[PR]
# by jazzmoca_2 | 2014-01-23 02:17 | Park

Frohes neues Jahr!!!

ベルリンの年越しは、とんでもなく派手、というかうるさいです。
唯一、花火や爆竹を自由にならしていい日なので。。
道行く人々は、火をつけた爆竹をあっちこっちに投げる(通行人のことはあまり考えてない)。
当然、いたるところに救急車・消防車・警察が待機。こわいわ!!
e0333865_17592868.jpg

私は日付が変わる瞬間、Hauptbahnhof(ベルリン中央駅)の前の広場にいました。
そこにも人々が集まり、花火や爆竹をばんばんならしてました。
e0333865_183876.jpg

0時になる瞬間に、ブランデンブルグ門の方向で大きな花火があがったのが見えました。
e0333865_1832130.jpg

e0333865_1824251.jpg

e0333865_1835061.jpg

この夜は朝まで音がすごくて、眠れなかったです。
[PR]
# by jazzmoca_2 | 2014-01-03 18:05 | Diary

Weihnachtsmarkt (クリスマスマーケット)

先月からあちこちで開かれている「Weihnachtsmarkt」。
クリスマスマーケットです。
私はドイツに来てから初めて知ったけれど、本当に素敵な冬の風物詩だと思います。
e0333865_19394496.jpg

e0333865_1940035.jpg

e0333865_1940874.jpg

e0333865_19401889.jpg

e0333865_19402787.jpg

e0333865_19403620.jpg

「Glühwein」(ホットワイン)を外で友達と「さむー!」と言いながら飲むことの、なんと楽しいことか!
e0333865_19404888.jpg

「Glühwein」はだいたい6ユーロで、入っていたマグカップをお店に返すと3ユーロ戻って来る仕組みなのですが、
3ユーロをもらわずにマグカップを持ち帰ってもよいのです。
なんだかんだで3つも持ち帰ってしまいました。
真ん中の赤いカップはブレーメンのクリスマスマーケットのもの。
両脇はベルリンで、どちらも大事な友達と飲んだときのもの。
思い出と直結するマグカップなのです。
e0333865_1940586.jpg

そんなクリスマスマーケットもおそらく今日明日でおしまいでしょう。

おすすめのマーケットはコチラ:
"Gendarmenmarkt"
http://www.gendarmenmarktberlin.de/wp/
"Luciaweihnachtsmarkt"
http://www.lucia-weihnachtsmarkt.de/
[PR]
# by jazzmoca_2 | 2013-12-25 19:47 | Sightseeing


ベルリン在住フォトグラファーがいろんな情報をお届け●moca_jazz@yahoo.co.jp●写真の無断転用を禁止します●all rights reserved.


by jazzmoca_2

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
work
cafe
food
shopping
Park
nature
Music
Diary
Sightseeing
Museum, Exhibition
Walking
Language, Culture
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

その他のジャンル

最新の記事

Piercing in Be..
at 2014-02-06 19:39
"Warum ich Tok..
at 2014-01-26 05:39
wild winter
at 2014-01-23 02:17
Frohes neues J..
at 2014-01-03 18:05
Weihnachtsmark..
at 2013-12-25 19:47

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
カメラ